矯正治療

小児矯正と成人矯正の違い

小児期での矯正と、成人以降での矯正では「効果」の面で大きな違いがあります。
成人期での矯正歯科治療は、一般的に長い期間をかけて行うことが多く、その理由は、顎が完全に成長しきっている点にあります。
永久歯が完全に生え揃った状態の成人期では、顎の移動範囲が小児期に比べて狭く、また、虫歯治療によって人工的な被せ物をしている場合や、神経を除去された歯があったり等、治療の難易度が高くなる可能性があります。
歯や顎といった骨格的な成長がまだ完全に終わっていない小児期では、成人期よりも比較的歯の動きをコントロールしやすく、抜歯せずに治療できる可能性も高い状態です。
こどもの診療

小児矯正治療にも種類があります!

子どもの歯科矯正治療は、歯の成長に伴う生え変わりの時期を挟み、乳歯のみ・あるいは乳歯と永久歯が混在している「第1期治療」と、永久歯が生え揃った後に行う「第2期治療」のふたつに分かれています。

第Ⅰ期治療

5,6歳頃~10,11歳頃の、乳歯と永久歯が混在している時期に行う治療です。この年齢は乳歯から永久歯に生え変わる時期のため、成長段階の顎はバランスを整えやすく、歯が生えてくるスペースを確保しやすいことも特徴のひとつです。
歯並びが悪くなる原因は、主に歯の生える十分なスペースがないことの他、指しゃぶりや口呼吸等の癖を持っていることもあり、第Ⅰ期ではこういった歯並びが悪くなる日常的な癖も合わせて改善していきます。
永久歯に生え変わる前に行う、いわば「土台作り」のような治療のため、将来的に抜歯のリスク等を回避することにも繋がります。
比較的簡単な装置を使用しての治療で、永久歯が理想的な位置に並び、正しいかみ合わせができるよう、骨格を整えていく治療です。
習癖の除去
指しゃぶりをはじめとし、生活習慣には歯並びを悪い影響を与える癖が多く潜んでいます。
歯並びをきれいに整えていく方法のひとつとして、歯並びを悪くしてしまった原因を取り除くことが重要です。また、それらの癖を改善することは、矯正治療後の「後戻り」をなくすことにも繋がります。お子様に以下のような癖があったら、やめさせるようにしましょう。
  • 指しゃぶり
  • 頬杖をつく
  • 爪を噛む
  • 口を開けたままにしている(=口呼吸)
  • 下唇を噛む など・・・
顎の成長促進・成長抑制
一見出っ歯に見えても、下顎が後ろ側に大きく成長してしまっている、という可能性もあります。その場合は、顎がこれ以上後退しないように抑制するなど、成長のコントロールを行っていきます。
歯列弓を大きくする(=床矯正)
歯列弓とは、前歯の先端から奥歯(臼歯)の外が外側にかけて弓を描いている部分のことです。歯を動かして歯並びを整えていく方法ではなく、少しずつ歯列の幅を広げていく治療です。矯正治療で抜歯を必要とする原因は、歯を収納するのに十分なスペースが顎になかった場合等が多く、この歯列弓を大きくする(=床矯正)治療では、子どものうちに予め歯が収まるスペースを確保するために行われます。

第Ⅱ期治療

11,12歳前後以降の、永久歯が生え揃ってから行う治療です。成人矯正と同様にマルチブラケット装置(ワイヤーを使用する矯正装置)を使用し、永久歯の歯並びやかみ合わせをしっかりと作っていく、本格的な治療で、第Ⅰ期に成長の誘導を行っても解決できなかった場合、引き続き第Ⅱ期でも治療を行い、歯列の改善を目指します。
内容としては成人矯正とほとんど変わりませんが、年齢を重ねる程歯に蓄積されていく問題は多く、それらの問題を解決してから矯正治療を開始するため、小児期よりも治療期間が長引いてしまいます。

小児矯正のメリット

顎の成長を助ける
永久歯が完全に生え揃っていない第Ⅰ期では、顎の成長を正しい形に近づけていく治療です。そのため、顎のバランスや大きさを整えやすく、将来的に抜歯の可能性が低くなる等、今後の治療の幅が広がります。
キレイになる
歯と顎を整えていく治療をするため、まわりの筋肉も一緒に成長していきます。そのため、口周りなどもきれいに整います。
早く治る
歯や顎が成長途中の小児期から治療を行うため、成人矯正に比べて早く治ります。
成人矯正と比べて、後戻りしにくい
整えた歯並びやかみ合わせに合わせて成長していくため、成人矯正に比べて「後戻り」がしにくいです。

治療の流れ

  • お問い合わせ

    お電話か無料相談フォームから当院へお問い合わせをしていただきます。 その際、相談する日時について決めさせていただきます。
  • 無料カウンセリング

    お悩み事や不安な事、どういった流れで治療が進んでいくのか、など小児矯正に関する様々な事についてお聞きします。 相談料は発生せず、無料でのカウンセリングとなります。無料カウンセリングを受けたからといって、必ず矯正治療を申し込まないといけない訳ではございませんので、ご安心ください。
  • 精密検査

    矯正治療を受けることが決まりましたら、検査を開始いたします。現状の歯並びや骨格の状態など、レントゲン写真などをお撮りして、細かく分析していきます。
  • 検査結果のお知らせ

    検査結果が出ましたら、一緒にご覧いただいて、現状の歯並びの問題点や、改善していくための治療方法などをお伝えいたします。
  • 治療の開始

    お電話か無料相談フォームから当院へお問い合わせをしていただきます。 その際、相談する日時について決めさせていただきます。
  • 矯正治療完了・保定

    経過を見ながら治療を行っていき、適切なタイミングで矯正治療が完了となります。治療後も、経過を見るために定期的な検診をおススメしております。

3Dプリンターで歯列の確認を

元来、立体的に歯列の確認を行う場合、石膏で歯型を取っていました。しかしながら、石膏は割れやすく復元が不可能なため、一度壊れてしまうとまた患者様の歯から直接型取りを行う必要がありました。
当院では、3Dプリンターでの歯型の作成を行っています!
3Dプリンターにおけるメリットは、一度データを取っておけば復元可能な点、石膏と比べてかなり軽い点、割れづらいといった点が挙げられます。
また、お母様がお望みの場合、お子様の歯型をプレゼントするということも行っております。来院された際にお申し付けください。
口元の画像

料金

小児矯正(Ⅰ期治療)

総額368,000円(税別)~

平均治療期間 6ヶ月~2年
検査・診断料50,000円、矯正料金 300,000円、観察料 3,000円/回 (例・治療期間が6ヶ月の場合、計18,000円。治療期間により増減します)

料金内訳

カウンセリング
無料
検査・診断料(虫歯リスク検査・診断を含む)
50,000円(税別価格)
混合歯列期(I期治療)
300,000円(税別価格)
継続診療(II期治療、保定装置を含む)
250,000円(税別価格)
処置料(クリーニングを含む。本格矯正、II期治療)
5,000円/回(税別価格)
観察料(クリーニングを含む。I期治療、保定期間)
3,000円/回(税別価格)
保定装置再製作
上下顎 50,000円(税別価格)
片顎再製作 25,000円(税別価格)